株式会社TAP(ティーエーピー)|外壁・屋根の塗装・各所リフォーム|東京都八王子

任せて安心!自社施工外壁・屋根の塗装・各所リフォームなら株式会社TAP(ティーエーピー)にお任せください!お見積もり無料!

Blu

ホーム ≫ 雨漏り/漏水 ≫

漏水/雨漏り

雨漏りや漏水の原因とは?失敗しない雨漏り修理業者の選び方のポイント!

業者選び
雨漏りや漏水は対応が遅れる程、時間と共に被害が拡大していきます。なので、早急に修理手配するのがおすすめです。しかし、難しいのが依頼する業者選びですよね。ここでは、雨漏りや漏水の原因、失敗しない雨漏り修理業者の選び方についてお届けします。是非、業者選びの参考にして下さい。

雨漏りの原因とは?

経年劣化によるもの

雨漏りの原因で、最も多い発生要因は経年劣化です。建物外側の建材というのは、日常的に紫外線や風雨に晒されており、それによって劣化していきます。劣化進行すると建材に隙間が生じるケースがあり、それが雨水浸入に繋がり雨漏りが発生するのです。建材劣化の防止のために塗装で施工することで保護しているのですが、外壁塗装寿命は平均10年程度となっています。その後は、塗装の建材保護力が弱まって、徐々に建物本体へもダメージが及びます。雨漏り防止のためには、設置している防水シートも老朽化していくので、使用材料で変わりますが、約15年~20年程度で劣化して不具合が出てくるようになります。雨漏りの未然防止には、適切なタイミングで防水シートの取り替えも必要です。

施行不良によるもの

家を建てた際や大規模リフォームを行った際に、悪徳業者に工事を依頼して手抜き工事されたことで、雨漏りに発展する恐れもあります。屋根や外壁の建材というのは、性能を発揮するためにメーカーで施行方法が規定されているのですが、時間や工程短縮で勝手に変えたことで施行不良が起きます。また、建築に関しての知識が乏しいことが原因で、誤った施行が行われる危険性もあります。必要処理をやっていない、材料が間違っているなど、色々なミスが考えらます。さらに、雨が溜まる部分に開口部を作るなど、設計ミスの場合も考えられます。特に、新築やリフォームして間もない場合は、施行不良が雨漏りの原因で考えられます。

自然災害によるもの

接合が弱くなっている屋根材が台風などの強風で飛んだりズレたりし、雨漏りする可能性があります。特に、大型台風が来ると劣化している屋根というのは、自然災害で大きなダメージを負う危険性が高いです。また、屋根材に使用されているコロニアルや瓦は、風で飛ばされると危険を伴います。万が一、通行人に当たれば大怪我を招く恐れもあります。周辺住民の方に迷惑をかけないためにも、劣化している屋根は補強が必要です。強風被害は、屋根材が飛ばされることはもちろん、壁や屋根に直撃してヒビが入ってそこから雨漏りすることもあります。なので、台風通過後には家の状態を確認するのがおすすめです。また、地震でも壁や屋根にヒビが入って、そこから雨漏りが発生することもあります。ヒビは入っていなくても、瓦がズレて雨漏りが発生する場合もあります。地震後には、壁のヒビや屋根材のズレを確認してみましょう。

漏水の原因とは?

フィルター・水道管内部の汚れによるもの

フィルターや水道管内部の汚れというのは、異臭をはじめ水漏れの原因にも繋がります。排水管の中で、油汚れや髪の毛が溜まっていくと、水の流れが悪くなりますよね。そうなると、管の中で水が溜まり染み出るように水漏れが起きるのです。また、排水管の中の汚れが、管内部を傷つけて水が漏れするケースもあります。水道管内部の水漏れを防ぐには、定期的な掃除を行い、管の中を綺麗な状態に保ちましょう。

内部部品の劣化によるもの

日常的に使用する台所や洗面所の水道設備は、耐久年数があります。耐久年数というのは、問題なく使用できる期間です。なので、耐久期間を過ぎた製品だと、何らかの不良が出るのは当然なのです。中でも、蛇口やシャワーヘッドの水漏れ防止には、パッキンというゴム製部品があるのですが、耐久期間は約5年~10年が目安とされています。そのため、耐久期間を過ぎて劣化すると、役割を果たすことができず水漏れが起こるのです。部品劣化の水漏れ防止には、耐久年数を過ぎたら新たに交換することです。部品の中でも特にパッキンは、自分で比較的交換しやすい部品なので、メーカー合ったものとの交換を行いましょう。

接合部の緩みによるもの

パッキンなど部品耐久年数が過ぎていなくても、水漏れは起こります。たとえば、水道の接合部分の緩みがその1つです。水道を長期間使用していると、蛇口のナット、ボルト、水道管の接合部分が緩んできます。この接合部分の緩みが、水漏れに繋がることがあるのです。接合部分から水漏れがあった際には、部品をはずして緩みや隙間がないよう、装着し直してみましょう。部品をはずす際に水が噴き出さないよう、止水栓の閉め忘れには注意して下さい。ないようにしてください。

水道管のヒビや穴によるもの

水道管のヒビや穴で水漏れが発生する場合もあります。水道管のヒビや穴の原因には、経年劣化や水道管凍結が挙げられます。経年劣化に関しては、定期的な点検が予防に繋がりますが、凍結に関しては冬場に注意することで予防できます。

雨漏り修理業者の選び方のポイントとは?

工程説明を丁寧にしてくれる

工程というのは、どのような作業をどの順番で行うか、作業内容になります。事前に説明してもらって工程内容を知ることで、行うべき作業が省かれないか、手抜きされないか、見積もりと作業内容が合っているかなど、確かめることができます。いい加減な業者の場合は手抜きしたいので説明はしたくないことであり、「やってみないと分からない」と説明を渋る業者もいます。しかし、材料仕入れや職人手配を行う上で、必ず工程は組んでいます。真面目に取り組んでいる業者であれば、工程を丁寧に説明してくれます。

調査をしっかり行う

雨漏りをしっかり直せるかは、正確な原因を突き止めることが一番です。しかし、それは想像以上に手間の要る作業で、手抜き業者になると原因を突き止める作業もいい加減になるので注意しましょう。業者がどの程丁寧に雨漏りの原因を調査してくれるか、その点も良い業者選びの目安にできます。無料の簡単な調査で仮修理を行って、結局、雨漏りが直らずに何度も修理することがないよう、高精度な調査を行う業者を選びましょう。調査方法にも幾つか方法があるので、具体的にそれぞれ見ていきたいと思います。

目視調査

目視調査は、雨漏り調査では基本的に無料調査です。建物を外側から目で見ながら原因を探っていく調査になります。外見はもちろんですが、天井裏を覗いたり屋根に上がったりする場合もります。ただし、目視調査では表面に現れていない雨漏り原因を掴むことは難しく、大体、下見として行う場合が多いです。

散水調査

散水調査は、雨漏りの原因箇所と思われる場所に水をかけて、雨漏り発生場所に漏れ出るかを確認する方法です。原始的ですが確実性は高いです。しかし、複数の原因箇所が疑われる場合には、1ヶ所の散水後、水が乾くのを待ってから次の原因箇所へ散水するので、時間がかかる欠点があります。

発光液調査

発光液調査は、紫外線を当てて発光する調査液を、雨漏りの入り口と思われる場所へ流し込んで、出てきた液体に紫外線を当てて入り口と出口を結びつける調査です。主に、複数の雨漏り原因箇所が疑われる場合に行われる方法で、同時に複数箇所の調査ができるため、時間短縮メリットがあります。広い範囲で雨漏りが疑われる場合には、この方法で調査するのが効率的です。

サーモグラフィー調査

サーモグラフィー調査は、雨漏りの入り口と思われる場所に水を流し、温度の違いをサーモグラフィーで外から撮影する方法です。水は建物温度より低いので青く映るので、雨漏りの入り口や建物の中の通り道も確認できます。雨漏り原因や建物の内部損傷まで調べたい方にはおすすめです。専門知識を持った技術者が調査するので費用は割高ですが、内部の腐れや錆で建物が傷んだ後の理費用を考慮すれば、決して余計な出費とはなりません。

内訳がわかる見積もり書

見積もりで注意したいことは、詳細な材料費や手間代などの内訳記載が無く、雨漏り工事 一式△△円とだけ記載してある、一式見積もりには気を付けなければなりません。このような見積もり書では、どのような雨漏り工事が行われるのかが一切分かりませんし、金額が高いのか安いのか判断もできません。確かに、少額工事の人件費であったり、会社にある材料を使用した工事であったりする場合は、詳細な金額を出しにくいこともあります。ですが、ある程度の金額で行う工事に関して、一式見積もりは不親切といえるでしょう。必ず、工事内訳がちゃんと分かる見積もり書を提出してくれる業者を選びが大切です。

すぐに契約を迫らない

業者の中には、見積もりを出すと、数日以内やその場で返答を迫るケースもあります。これは見積もり金額が高かったり、内容に余計なものまで盛り込んであったり、他社と比較されると困るので、契約を早く取り付ける手口です。業者から「現在キャンペーン中です」「直ぐ工事できます」など、もっともらしい理由で返答を急がせるような悪徳業者もいます。しかし、信頼のある良い業者は、お客に判断を急がせず金額も適正です。業者側の都合で契約を急かす場合は、仕事に関してもお客本位なので、依頼者ペースで検討させてくれる業者を選びましょう。

まとめ

ここでは、雨漏りや漏水の原因、失敗しない雨漏り修理業者の選び方についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?雨漏り修理というのは、難易度の高い工事なので、確実に修理をしなければ再発の危険性があります。再発を繰り返す事例も少なくないため、しっかり修理を行うことが重要です。なので、きちんと雨漏り調査ができる専門業者へ修理依頼することがポイントになります。大事な家を守るためにも、信頼できる業者で雨漏り修理を行ってもらいましょう。

モバイルサイト

八王子の内壁・外装塗装なら株式会社TAP(ティーエーピー)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

株式会社TAP

所在地
〒193-0801 東京都八王子市川口町1643-1
電話番号
042-652-9678
FAX番号
042-652-9679
営業時間
24時間
定休日
年中無休
会社概要

塗装の種類とそれぞれの特徴や価格目安について

外壁や屋根の塗装に使用する塗料には、さまざまな種類があります。塗装は、建物を保護するためにとても大きな役割を果たしているので、塗料の特徴や耐用年数を考慮して選ばなければなりません。この記事では、塗装の種類と特徴、価格の目安などについて解説しています。外壁や屋根の塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

塗料の特徴が建物の耐久性を左右

建物の外壁にはモルタルがよく使用されています。しかし、モルタルがむき出しになっていると、すぐに水分を吸収してしまうため、このままではすぐにクラックが入るなどして傷んでしまいます。これを防ぐ役割を果たしているのが塗料です。塗料は、水分や紫外線、塩分などから建物を守ってくれますが、塗料も経年劣化するため、いつまでも建物を守れるわけではありません。塗料が劣化すると、外壁にはカビやコケ、チョーキング現象などの劣化症状が見られるようになります。

このように、塗料にも寿命があるわけですが、塗装の種類によって、この耐久性や特徴には違いがあるため、新築や塗り替えの際は、ご自宅の環境や状況に合った塗料を選ぶ必要があります。

近年は、塗料開発の技術が飛躍的に進歩しており、これまでは考えられなかったような長い期間、効果が持続する塗料も開発されています。また、特定の機能性を持つ塗料も製品化されており、塗料の選択肢は、これまでになく豊富です。

水性塗料と油性塗料の違い

外壁や屋根の塗装に使用する塗料には、大きく水性塗料と油性塗料があります。これは、これから説明するそれぞれの塗料に共通していえることです。水性と油性では、塗料を薄める際に使用する薄め液が違います。水性の場合は文字どおり水が薄め液として使われますが、油性の場合は有機溶剤が使われます。一般に油性塗料のほうが高い耐久性を持つとされますが、嗅覚への刺激が強く、燃えやすいため取り扱いに難しさがあります。近年は、環境への配慮から、水性塗料でも高い耐久性を持つ者や、油性塗料でも刺激の少ない扱いやすい製品も作られています。

1液型と2液型

水性塗料と油性塗料がそれぞれの塗料にあるように、それぞれの塗料に1液型と2液型があります。1液型は、その塗料だけで施工可能です。対する2液型は、2液を使って塗装します。2液型の塗装は、1液型の塗装よりも気を遣いますが、塗装が可能な素材が多いという利点があります。耐久力も2液型のほうが優れています。とはいえ、水性塗料の場合、一般的には1液型しかほぼ選べません。耐久性についても、1液型で問題はありません。

塗料の特徴

それでは、ここからは各塗料の特徴についてご紹介していきます。どのタイプの塗料にも、色付け用の顔料、耐久性を出すための樹脂、希釈剤や添加剤が使用されています。このコンビネーションの違いにより塗料の特性が決まるといっていいでしょう。

アクリル塗料

アクリル塗料は、合成樹脂塗料のひとつで、価格が安く、過去にはよく使われていた塗料です。現在は、ウレタン塗料やシリコン塗料など、価格的にも性能的にも良い塗料に取って代わられています。ただ、主成分がアクリルの塗料はとても扱いやすい性質なので、DIYでは現在もよく使われています。そのため、頻繁に外壁の塗り替えを考えている方や、費用をとにかく抑えたいという方には向いているでしょう。耐用年数は3~8年ほど、価格は1㎡当たり1,000~1,800円ほどです。

アクリル塗料の弱さの多くは、紫外線に弱いことに端を発します。これを克服している「ピュアアクリル」という商品も存在します。耐用年数も15年程度あるため、アクリル塗料とは違う塗料だと言って過言ではありません。ただ、アクリル塗料の魅力はあくまで価格の安さと扱いやすさです。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、やはり合成樹脂塗料のひとつです。主にウレタン樹脂でできています。長い間、外壁塗装には欠かせない存在でしたが、最近は高性能で安価な塗料が出てきているため、やや使われる機会が少なくなりました。それでも、その価格と性能のバランスに優れるという特徴から、まだまだ利用されています。弾力性があるため、でこぼこの多い壁面にもしっかり馴染み、モルタルでも鉄でも木材でも、材料を選ばない汎用性の高さも魅力です。耐用年数は5~10年ほど、価格は1㎡当たり1,700~2,500円ほどです。価格が安いので費用をとにかく抑えたい方や、部分的な補修をしたい方に向いています。

ウレタン塗料は選択肢が多く、塗装業者も塗り慣れているので、塗装の失敗を心配する必要はほぼありません。美しく、しかも安く塗装してもらうならウレタン塗装は現在も十分に選択肢になります。

シリコン塗料

シリコン塗料は、近年、最もよく使われている合成樹脂塗料です。シリコン樹脂で主に構成されています。価格と性能的なバランスがひじょうによくとれていて、その光沢のある仕上がりにも定評があることからよく使われています。よく使われているだけあり、安心感がありますし、透湿性が良いという特徴があるため、結露が気になるという方にはとてもおすすめの塗料です。シリコン塗料での塗装を検討している方は、デメリットにも目を向けておきましょう。シリコン塗料は、弾性が少ないため、クラックが入りやすい傾向があります。また、塗装にある程度の技術が必要なため、塗装を依頼する場合も、業者選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。耐用年数は7~15年ほど、価格は1㎡当たり2,500~3,500円ほどです。

フッ素塗料

フッ素塗料も、合成樹脂塗料です。ここまでにご紹介した合成樹脂塗料の中では、最も長い12~20年ほどの耐用年数を誇ります。しかし、性能が高ければ価格も高くなります。1㎡当たり2,300~3,500円ほどはみておかなければなりません。フッ素塗料は、温度差に非常に強いため、どのような気候の地域でも使えます。また、紫外線や雨などの外的要因による劣化にも強さがあり、それほどメンテナンスを行わなくても、汚れにくいという特徴があります。ただ、やはりこの価格のためか、使用される場所は限定的で、一般住宅の場合は雪の多い地域の屋根に使われることが多いようです。

フッ素塗料は、長期的にみると、費用対効果は悪くありません。デメリットを挙げるとすれば、フッ素塗料の光沢です。これはメリットともいえますが、フッ素塗料はその性質上、ツヤ消しのカラーが選べません。

ラジカル塗料

ラジカル塗料は、異なる成分がミックスされたハイブリッド塗料です。ラジカル塗料も合成樹脂で作られている塗料ですが、この塗料は、これまでにご紹介してきた合成樹脂塗料とは少し性質が異なります。この塗料は元々、チョーキング現象を防ぐことを目的として作られており、塗装の劣化や変色に強いことが特徴です。主に酸化チタンや光安定剤などで構成され、さらにシリコンなどが配合されているものもあります。ラジカル塗料は、高い性能を持ちながらも価格が1㎡当たり2,200~4,000円と比較的リーズナブルです。そのため、まだ新しい塗料ではありますが、未来の主力となる塗料として業界でも注目されています。

ラジカル塗料は、このように魅力的な塗料なのですが、現状、施工してくれる業者が少ないことは問題だといえます。新しい塗料だからこその実績や信頼性の少なさも、デメリットだといえるかもしれません。

セラミック塗料

セラミック塗料も、合成樹脂が配合されるハイブリッド塗料です。主にセラミックビーズが配合されているため、断熱性や遮熱性といった機能性が備わっています。セラミックのほか、天然の石などを混ぜることで、石材のような美しさを出せることもセラミック塗料の魅力です。セラミックとともに使用される合成樹脂の性質により、耐用年数や価格が変わってくると考えるといいでしょう。

断熱と遮熱の作用は、厳密に言うと異なります。断熱作用は、太陽光を建物の内部に取り入れながら、外部との熱の移動は妨げるという働きです。冷暖房効率を上げるのに効果的な働きというとわかりやすいでしょうか。一方、遮熱作用は、太陽光を遮るため、夏は建物の内部を快適にしてくれますが、寒い季節はさらに温度を低下させてしまう可能性があります。セラミック塗料での塗装を検討している方は、この辺りのことを考慮してから作業を依頼しましょう。

セラミック塗料には、断熱・遮熱のほかに、塗装面をきれいに保つ効果も備わっています。

光触媒塗料

光触媒塗料は、紫外線と酸化チタンによる化学反応を利用して外壁に付着する汚れを分解するという「自浄作用」を持った塗料です。日当たりが良いことと、雨が当たることがこの塗料の性能を引き出す条件になるため、ご近所と隣り合った壁などに使用してもあまり効果的ではありません。酸化チタンが白いため、色の選択肢も少ないという特徴があります。

耐用年数は10~20年と長く、自浄作用があることから価格は高く、1㎡当たり4,500~5,500円ほどはみておかなければなりません。光触媒塗料には、色の選択肢が少ないことや価格のほかにも「クラックが入りやすい」「屋根に使用できるものがない」などのデメリットはあります。また、新しい塗料なので、実績が少ないことも不安材料です。ただ、光触媒塗料を塗装するだけで、外壁はメンテナンスがとても楽になるので、特に日当たりの良い場所に住んでいる方は、検討してみるといいでしょう。

無機塗料

無機塗料は、主に鉱物で構成されている塗料です。塗装が劣化した際に発生するチョーキング現象は、塗装に含まれている有機物が傷むことにより発生します。無機塗料では、チョーキング現象などの塗装面の劣化を防げるため、汚れも同様に防げます。カビ、コケが生えにくくなるほか、親水性が高いため、汚れがあまり付着しません。

無機塗料は鉱物が主成分であるため、燃えにくいことも特徴です。しかし、鉱物だけだとどうしても硬すぎるため、塗装したときにヒビ割れが発生しやすいというデメリットもあります。その対策のために生まれたのが、少しだけ有機物の配合された「有機・無機ハイブリッド塗料」と呼ばれるものです。

無機塗料は、10~25年程度の耐久性を誇ります。1㎡当たりの価格は4,000~5,500円程度と高価ですが、耐久性とのバランスを考慮すると、費用対効果は高いといえるのではないでしょうか。無機塗料は、塗装に耐久性や耐火性を求めたい方におすすめの塗料です。

ナノテク塗料

ナノテク塗料は、その名のとおり、ナノテクノロジーにより作られた新しい塗料です。合成樹脂の量は、このナノテクノロジーにより最低限に抑制されているため、二酸化炭素が排出されない、エコな作りで地球温暖化を防げるという特徴があります。

合成樹脂の含有量を最低限に抑えることで、シックハウスによるアレルギーを防ぐ効果があるほか、高い耐火性能、防カビ、防汚性なども持ちあわせています。

ナノテク塗料は高機能なので、それなりに価格も高い製品が多いのですが、安いものなら1㎡当たり2,500円程度から購入可能です。しかし、高いものだと1㎡当たり5,000円以上します。最大の問題は、この塗料を塗装できる業者があまりないことです。いくら高機能でも、塗装できないのでは仕方がありません。

現状では、近くにナノテク塗料での施工が可能な業者があり、なおかつ環境に配慮したいという方以外にはおすすめできません。

外壁の塗装は業者選びが重要

屋根や外壁の塗装で使用する塗料について詳しくご紹介してきましたが、どんなにすばらしい塗料でも、腕の確かな業者が塗装しないことには、塗料のポテンシャルをすべて発揮させることはできません。業者により取り扱いのない塗料もあるので、問い合わせをしても、提案される塗料がそれぞれ異なり、余計に迷ってしまうかもしれません。

屋根や外壁の塗装は、事前にメンテナンスの時期をしっかり確認しておき、定期的に行う必要があります。信頼できる塗装業者をすでにお持ちの方はいいのですが、初めての塗り替えという場合は、業者選びにじっくり時間をかけることをおすすめします。

八王子の屋根・外壁塗装はT.A.Pにお任せください

T.A.Pは、八王子市とその近隣で、完全自社施工にて屋根や外壁などの塗装を行っている、地元密着型の塗装業者です。24時間、年中無休でお客様対応を行っておりますので、近隣にて外壁塗装をお考えの方は、ぜひご連絡ください。