株式会社TAP(ティーエーピー)|外壁・屋根の塗装・各所リフォーム|東京都八王子

任せて安心!自社施工外壁・屋根の塗装・各所リフォームなら株式会社TAP(ティーエーピー)にお任せください!お見積もり無料!

Blu

ホーム ≫ 店舗デザイン ≫

店舗デザイン

店舗デザイン事務所の選び方と流れや費用相場などについて

店舗内装する際には、店舗デザインはもちろん、何より設計や施工を依頼するデザイン事務所選びは重要です。それは、デザイン事務所と二人三脚で進めることになるからです。ここでは、店舗デザイン事務所の選び方、流れ、費用相場などについてお届けします。

そもそも店舗デザインとは?

店舗施工する際には、まず初めにどのような店舗にするのか決定しなければなりません。一般的に、その設計のことを店舗デザインといいます。既に店舗がある状態で内装設計だけ行う点が、建築設計とは異なるところになります。具体的には、壁、床、天井などに関して、色や素材を検討することが挙げられ、これらは常に視界に入るものなので、どう選択するかで店内印象が大きく変わる要素です。組み合わせによっては、高級感を演出できたり、実際より広く見せたり、色々な効果を得られます。色彩や空間に対する感性が重視される作業であることはもちろん、細かな数値を用いる作業も多く、店舗面積を計算して家具の大きさも考慮するなど、店舗全体のレイアウトを決定していきます。決定レイアウトは図面にしますが、初段階ではラフなイメージ図を描く程度で、最終的には施工に使用する緻密な設計図を作成します。オープン後でも家具変更は可能ですが、大きくレイアウト変更はできないので、しっかりと店舗デザイン段階で検討することが重要です。

店舗デザインの依頼方法とは?

まず一つ目は、デザインと設計業務のみ請け負う会社です。デザイン事務所には、高いデザイン力を持ったデザイナーが在籍しており、デザイナーがオーナーの意向を元に図面を起こします。ここでは、施工は行わず、別の施工業者が改装工事を行う形になります。設計会社と施工会社が別々という訳です。なので、図面完成後に施工業者選定や見積もりを行うことになり、設計から施工まで一貫して請け負う会社より、店舗完成までに時間がかかります。デザイン専門設計事務所は、デザイン性に富んだ図面が作成できる一方、改装工事費用は高く、時間もかかります。
 
次に2つ目は、設計と施工を行う内装会社です。設計から施工まで一貫して請け負う会社になります。デザインのみとは違い、施工まで一貫して行うので、設計から着工までスムーズに進んでいきます。改装工事期間も短く、1つの会社で全てを行うため、予算や仕様の変更なども柔軟対応できることが挙げられます。デザイン専門事務所と比べると、デザイン力は劣る可能性はありますが、一貫作業を依頼できるので手間が少なく済みます。最後3つ目は、施工のみの業者です。専門デザイナーなど在籍しておらず、主に、施工メインの請け負い会社になります。設計もできますが、施工メインなのでデザイン力は劣る部分もありますが、直接、職人さんの元にお願いをするので、施工費用は安く抑えることが可能です。依頼費用が抑えられ、また、場での融通が利きやすい点はメリットです。

デザイン依頼する際の流れ

デザイン事務所に依頼をした際に、最初に行うことはデザイナーとの打ち合わせです。店舗コンセプトをデザイナーに伝えるので、事前にイメージに近い店舗写真など集め、上手く伝えられるように準備しておくことが大事です。イメージと違えば、要望を伝え直して修正してもらう形になります。イメージ通りであれば、デザイン設計の詳細決定作業に入ります。店舗の具体的なデザインを設計図に仕上げます。そして、次に施工会社の選定を行います。一般的には、デザイン会社から候補を紹介してもらうパターンですが、別の方法で探してもOKです。施工会社を選んだら、依頼を済ませて着工に入ります。竣工を迎えて、電気や水道などが問題なく使えることを確認したら、引き渡しを済ませて完了です。
 

店舗デザインの費用相場

店舗デザイン費用の内訳

設計費は、店舗の内外装デザイン、設備位置、動線・レイアウトの決定、パース画、図面作成費用などが挙げられます。金額は、デザイン会社、物件の種類や規模により変動があります。一般的には、店舗面積、または、施工費全体の割合から決めます。一方、施工費は、図面を元に内外装の施工、インテリア家具制作、電気・ガス・水道といった設備工事費用などが挙げられます。居抜き物件ではコストを抑えられ、スケルトン物件では1000万円単位の施工費がかかる場合もあります。また、その他費用に、物件の契約時期や設備状態で空家賃や追加施工費がかかる場合もあります。

主な費用項目と相場

設計費

設計費というのは、打ち合わせで依頼者の要望や完成イメージを聞き、パース画や図面を作成する際に必要な費用です。商品棚、レジスペース、テーブル、椅子などの配置をはじめ、空調設備やBGMスピーカーの位置まで、空間デザインは基本的に設計段階で決まります。設計費の算出方法は主に2つ挙げられます。まず1つ目は、店舗面積から決める方法で、1坪あたり約3万円~10万円前後が相場です。狭い店舗になる程1坪単価は高く、広くなればディスカウントされていきます。また、店舗業態でも設計費は異なり、小売店は比較的安く、排気や給排水などの配慮や保健所対応もする必要がある飲食店は、費用は高い傾向にあります。テナント出店で商業施設の内装監査室と打ち合わる場合も、料金上乗せになります。そして2つ目は、総施工費全体から決める方法です。内外装、電気・ガスの工事、インテリア家具、看板制作など、施工費総額を見積りした上で、一定割合の設計費を割り出します。平均相場は、総施工費の約10%~15%前後で、JCDのマニュアルでもこの%が推奨されています。一般的に、店舗デザイン・設計だけを手がける会社は前者、施工まで一貫して請け負う業者は後者で算出することが多いです。

施工費

施工費は、図面に基づいた施工にかかる費用です。内訳には、塗装や壁紙の貼り替え、床上げ・床の貼り替え、インテリア家具や看板制作、電気・ガス工事、厨房機器の費用などが挙げられます。施工費は、店舗物件状態によって大きく変わり、一般的にスケルトン物件は居抜き物件の約5倍のコストといわれています。前の借主が施した空調、インテリア、厨房機器などが残った状態の居抜き物件では、相場は約200万円~400万円前後です。看板制作、照明設置費用、塗装、壁紙の貼り替えの費用などが含まれています。加えて、配管位置の変更や、ガス設備の増設などを行う場合は、料金は高くなります。一方、床や壁がコンクリート剥き出しのスケルトン物件では、ゼロから施こしていくので、費用は店舗業態や規模でも変わります。たとえば、新たな商業施設に、スケルトン物件で約20坪~30坪前後の飲食店を出店する場合には、平均相場は約1000万円~2000万円前後で、内外装、レジ設置、給排水・ガス新設工事、電気配線工事などの費用が含まれます。

物件タイプ別の費用相場

居抜き物件

たとえば、小売店の場合には、大がかりな給排水設備、電気やガス設備などは不要なので、従業員用トイレや簡易的な給湯室があれば問題ありませんよね。居抜き物件でデザインするのであれば、前の借主の設備をそのまま活用することができます。仮に、8坪~12坪前後の居抜き物件で小売店開業する場合、費用相場は約200万円~300万円前後が目安です。内訳は、外装工事に約20万円~30万円、内装工事に約80万円~120万円、制作・設置工事に約80万円~120万円、全体の設計・デザインに約20万円~30万円といったところです。物件状態が良く、壁材やインテリア家具を使用することが可能であれば、費用をさらに下げることもできます。
また、サービス業の場合は、お客さんの店舗滞在時間が長いので、サービスの質をはじめ、店内の雰囲気や居心地の良さも大きく影響する部分になります。居抜き物件でも、店舗デザインには時間をかけ、サービスコンセプトや客層に合った空間を完成させたいところです。仮に、15坪~20坪前後の居抜き物件で全面リニューアルして開業する場合には、費用相場は約400万円~600万円前後が目安です。内訳は、外装工事に約20万円~40万円、内装工事に約100万円~150万円、設備工事に約150万円~200万円、制作費用に約100万円~150万円、全体の設計・デザインに約30万円~60万円といったところです。

スケルトン物件

スケルトン物件の場合は、ゼロからの設計・施工なので費用は高くつきます。また、消防署やビル内装監査室、業態によっては保健所対応も必要なので、その分は費用が上乗せされます。たとえば、新規オープンの商業施設内に、20坪~30坪前後のテナントを借りて開業する場合、費用相場は約1200万円~1800万円前後となります。内訳は、外装工事に約80万円~100万円、設備工事に約500万円~600万円、内装塗装に約350万円~500万円、制作・設置工事に約200万円~300万円、設計・デザインに約70万円~100万円といったところです。

デザイン事務所の選びのポイントとは?

店舗づくりを行う際には、依頼するデザイン設計事務所を決めていきますが、選定するためのポイントを考慮しましょう。ポイントには、自分が行う店舗業種が得意か、デザインセンスが好みであるか、価格帯予算と合うか、気軽に相談できるか、これらのポイントが大事になってくるでしょう。
重要なのは、自分の店舗業種を得意としているかです。店舗設計では、ノウハウがとても重要なので、得意分野であれば、営業効率やお客様の居心地良さなど、様々なノウハウを活かした工夫した設計が可能です。しかし、全く経験のない業種の場合はそうはいきません。なので、過去のデザイン例を見て、イメージや好みとあっているかの確認も大切です。デザインには、設計者の好みなどが特徴として現れやすいので、自分のイメージや好みとマッチしている事務所選びがポイントになります。どれだけ有名事務所でも、デザインが好みでなければ、仕上がりに満足はできないでしょう。過去の事例を見ながら、「こういう感じが良い」「こんな風にしたい」と思えるデザイン事務所を選びましょう。
また、店舗設計にはデザインが必要ですが、事務所によってデザイン費用は異なります。素晴らしい店舗づくりをしてもらえそうでも、予算に合わなければ依頼は無理ですよね。なので、どの程度の予算で行うのか決定した上で、予算内でデザインしてもらえるかの問い合わせや相談が大切です。その問い合わせや相談の中で、丁寧に対応してくれる事務所の見極めも重要です。しっかりした応対のデザイン事務所を選びましょう。

まとめ

ここでは、店舗デザイン事務所の選び方、流れ、費用相場などについてお届けしてきましたが、いかがでしたか?どんなに有名なデザイン事務所でも、自分のイメージに一致するデザイン提案してもらえなければ、理想の店舗の完成は難しいです。店舗の種類でも、デザインのポイントは変わります。依頼する際には、得意分野の業種と一致しているかも見極め、最適なデザイン事務所を選びましょう。

モバイルサイト

八王子の内壁・外装塗装なら株式会社TAP(ティーエーピー)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

株式会社TAP

所在地
〒193-0801 東京都八王子市川口町1643-1
電話番号
042-652-9678
FAX番号
042-652-9679
営業時間
24時間
定休日
年中無休
会社概要

塗装の種類とそれぞれの特徴や価格目安について

外壁や屋根の塗装に使用する塗料には、さまざまな種類があります。塗装は、建物を保護するためにとても大きな役割を果たしているので、塗料の特徴や耐用年数を考慮して選ばなければなりません。この記事では、塗装の種類と特徴、価格の目安などについて解説しています。外壁や屋根の塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

塗料の特徴が建物の耐久性を左右

建物の外壁にはモルタルがよく使用されています。しかし、モルタルがむき出しになっていると、すぐに水分を吸収してしまうため、このままではすぐにクラックが入るなどして傷んでしまいます。これを防ぐ役割を果たしているのが塗料です。塗料は、水分や紫外線、塩分などから建物を守ってくれますが、塗料も経年劣化するため、いつまでも建物を守れるわけではありません。塗料が劣化すると、外壁にはカビやコケ、チョーキング現象などの劣化症状が見られるようになります。

このように、塗料にも寿命があるわけですが、塗装の種類によって、この耐久性や特徴には違いがあるため、新築や塗り替えの際は、ご自宅の環境や状況に合った塗料を選ぶ必要があります。

近年は、塗料開発の技術が飛躍的に進歩しており、これまでは考えられなかったような長い期間、効果が持続する塗料も開発されています。また、特定の機能性を持つ塗料も製品化されており、塗料の選択肢は、これまでになく豊富です。

水性塗料と油性塗料の違い

外壁や屋根の塗装に使用する塗料には、大きく水性塗料と油性塗料があります。これは、これから説明するそれぞれの塗料に共通していえることです。水性と油性では、塗料を薄める際に使用する薄め液が違います。水性の場合は文字どおり水が薄め液として使われますが、油性の場合は有機溶剤が使われます。一般に油性塗料のほうが高い耐久性を持つとされますが、嗅覚への刺激が強く、燃えやすいため取り扱いに難しさがあります。近年は、環境への配慮から、水性塗料でも高い耐久性を持つ者や、油性塗料でも刺激の少ない扱いやすい製品も作られています。

1液型と2液型

水性塗料と油性塗料がそれぞれの塗料にあるように、それぞれの塗料に1液型と2液型があります。1液型は、その塗料だけで施工可能です。対する2液型は、2液を使って塗装します。2液型の塗装は、1液型の塗装よりも気を遣いますが、塗装が可能な素材が多いという利点があります。耐久力も2液型のほうが優れています。とはいえ、水性塗料の場合、一般的には1液型しかほぼ選べません。耐久性についても、1液型で問題はありません。

塗料の特徴

それでは、ここからは各塗料の特徴についてご紹介していきます。どのタイプの塗料にも、色付け用の顔料、耐久性を出すための樹脂、希釈剤や添加剤が使用されています。このコンビネーションの違いにより塗料の特性が決まるといっていいでしょう。

アクリル塗料

アクリル塗料は、合成樹脂塗料のひとつで、価格が安く、過去にはよく使われていた塗料です。現在は、ウレタン塗料やシリコン塗料など、価格的にも性能的にも良い塗料に取って代わられています。ただ、主成分がアクリルの塗料はとても扱いやすい性質なので、DIYでは現在もよく使われています。そのため、頻繁に外壁の塗り替えを考えている方や、費用をとにかく抑えたいという方には向いているでしょう。耐用年数は3~8年ほど、価格は1㎡当たり1,000~1,800円ほどです。

アクリル塗料の弱さの多くは、紫外線に弱いことに端を発します。これを克服している「ピュアアクリル」という商品も存在します。耐用年数も15年程度あるため、アクリル塗料とは違う塗料だと言って過言ではありません。ただ、アクリル塗料の魅力はあくまで価格の安さと扱いやすさです。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、やはり合成樹脂塗料のひとつです。主にウレタン樹脂でできています。長い間、外壁塗装には欠かせない存在でしたが、最近は高性能で安価な塗料が出てきているため、やや使われる機会が少なくなりました。それでも、その価格と性能のバランスに優れるという特徴から、まだまだ利用されています。弾力性があるため、でこぼこの多い壁面にもしっかり馴染み、モルタルでも鉄でも木材でも、材料を選ばない汎用性の高さも魅力です。耐用年数は5~10年ほど、価格は1㎡当たり1,700~2,500円ほどです。価格が安いので費用をとにかく抑えたい方や、部分的な補修をしたい方に向いています。

ウレタン塗料は選択肢が多く、塗装業者も塗り慣れているので、塗装の失敗を心配する必要はほぼありません。美しく、しかも安く塗装してもらうならウレタン塗装は現在も十分に選択肢になります。

シリコン塗料

シリコン塗料は、近年、最もよく使われている合成樹脂塗料です。シリコン樹脂で主に構成されています。価格と性能的なバランスがひじょうによくとれていて、その光沢のある仕上がりにも定評があることからよく使われています。よく使われているだけあり、安心感がありますし、透湿性が良いという特徴があるため、結露が気になるという方にはとてもおすすめの塗料です。シリコン塗料での塗装を検討している方は、デメリットにも目を向けておきましょう。シリコン塗料は、弾性が少ないため、クラックが入りやすい傾向があります。また、塗装にある程度の技術が必要なため、塗装を依頼する場合も、業者選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。耐用年数は7~15年ほど、価格は1㎡当たり2,500~3,500円ほどです。

フッ素塗料

フッ素塗料も、合成樹脂塗料です。ここまでにご紹介した合成樹脂塗料の中では、最も長い12~20年ほどの耐用年数を誇ります。しかし、性能が高ければ価格も高くなります。1㎡当たり2,300~3,500円ほどはみておかなければなりません。フッ素塗料は、温度差に非常に強いため、どのような気候の地域でも使えます。また、紫外線や雨などの外的要因による劣化にも強さがあり、それほどメンテナンスを行わなくても、汚れにくいという特徴があります。ただ、やはりこの価格のためか、使用される場所は限定的で、一般住宅の場合は雪の多い地域の屋根に使われることが多いようです。

フッ素塗料は、長期的にみると、費用対効果は悪くありません。デメリットを挙げるとすれば、フッ素塗料の光沢です。これはメリットともいえますが、フッ素塗料はその性質上、ツヤ消しのカラーが選べません。

ラジカル塗料

ラジカル塗料は、異なる成分がミックスされたハイブリッド塗料です。ラジカル塗料も合成樹脂で作られている塗料ですが、この塗料は、これまでにご紹介してきた合成樹脂塗料とは少し性質が異なります。この塗料は元々、チョーキング現象を防ぐことを目的として作られており、塗装の劣化や変色に強いことが特徴です。主に酸化チタンや光安定剤などで構成され、さらにシリコンなどが配合されているものもあります。ラジカル塗料は、高い性能を持ちながらも価格が1㎡当たり2,200~4,000円と比較的リーズナブルです。そのため、まだ新しい塗料ではありますが、未来の主力となる塗料として業界でも注目されています。

ラジカル塗料は、このように魅力的な塗料なのですが、現状、施工してくれる業者が少ないことは問題だといえます。新しい塗料だからこその実績や信頼性の少なさも、デメリットだといえるかもしれません。

セラミック塗料

セラミック塗料も、合成樹脂が配合されるハイブリッド塗料です。主にセラミックビーズが配合されているため、断熱性や遮熱性といった機能性が備わっています。セラミックのほか、天然の石などを混ぜることで、石材のような美しさを出せることもセラミック塗料の魅力です。セラミックとともに使用される合成樹脂の性質により、耐用年数や価格が変わってくると考えるといいでしょう。

断熱と遮熱の作用は、厳密に言うと異なります。断熱作用は、太陽光を建物の内部に取り入れながら、外部との熱の移動は妨げるという働きです。冷暖房効率を上げるのに効果的な働きというとわかりやすいでしょうか。一方、遮熱作用は、太陽光を遮るため、夏は建物の内部を快適にしてくれますが、寒い季節はさらに温度を低下させてしまう可能性があります。セラミック塗料での塗装を検討している方は、この辺りのことを考慮してから作業を依頼しましょう。

セラミック塗料には、断熱・遮熱のほかに、塗装面をきれいに保つ効果も備わっています。

光触媒塗料

光触媒塗料は、紫外線と酸化チタンによる化学反応を利用して外壁に付着する汚れを分解するという「自浄作用」を持った塗料です。日当たりが良いことと、雨が当たることがこの塗料の性能を引き出す条件になるため、ご近所と隣り合った壁などに使用してもあまり効果的ではありません。酸化チタンが白いため、色の選択肢も少ないという特徴があります。

耐用年数は10~20年と長く、自浄作用があることから価格は高く、1㎡当たり4,500~5,500円ほどはみておかなければなりません。光触媒塗料には、色の選択肢が少ないことや価格のほかにも「クラックが入りやすい」「屋根に使用できるものがない」などのデメリットはあります。また、新しい塗料なので、実績が少ないことも不安材料です。ただ、光触媒塗料を塗装するだけで、外壁はメンテナンスがとても楽になるので、特に日当たりの良い場所に住んでいる方は、検討してみるといいでしょう。

無機塗料

無機塗料は、主に鉱物で構成されている塗料です。塗装が劣化した際に発生するチョーキング現象は、塗装に含まれている有機物が傷むことにより発生します。無機塗料では、チョーキング現象などの塗装面の劣化を防げるため、汚れも同様に防げます。カビ、コケが生えにくくなるほか、親水性が高いため、汚れがあまり付着しません。

無機塗料は鉱物が主成分であるため、燃えにくいことも特徴です。しかし、鉱物だけだとどうしても硬すぎるため、塗装したときにヒビ割れが発生しやすいというデメリットもあります。その対策のために生まれたのが、少しだけ有機物の配合された「有機・無機ハイブリッド塗料」と呼ばれるものです。

無機塗料は、10~25年程度の耐久性を誇ります。1㎡当たりの価格は4,000~5,500円程度と高価ですが、耐久性とのバランスを考慮すると、費用対効果は高いといえるのではないでしょうか。無機塗料は、塗装に耐久性や耐火性を求めたい方におすすめの塗料です。

ナノテク塗料

ナノテク塗料は、その名のとおり、ナノテクノロジーにより作られた新しい塗料です。合成樹脂の量は、このナノテクノロジーにより最低限に抑制されているため、二酸化炭素が排出されない、エコな作りで地球温暖化を防げるという特徴があります。

合成樹脂の含有量を最低限に抑えることで、シックハウスによるアレルギーを防ぐ効果があるほか、高い耐火性能、防カビ、防汚性なども持ちあわせています。

ナノテク塗料は高機能なので、それなりに価格も高い製品が多いのですが、安いものなら1㎡当たり2,500円程度から購入可能です。しかし、高いものだと1㎡当たり5,000円以上します。最大の問題は、この塗料を塗装できる業者があまりないことです。いくら高機能でも、塗装できないのでは仕方がありません。

現状では、近くにナノテク塗料での施工が可能な業者があり、なおかつ環境に配慮したいという方以外にはおすすめできません。

外壁の塗装は業者選びが重要

屋根や外壁の塗装で使用する塗料について詳しくご紹介してきましたが、どんなにすばらしい塗料でも、腕の確かな業者が塗装しないことには、塗料のポテンシャルをすべて発揮させることはできません。業者により取り扱いのない塗料もあるので、問い合わせをしても、提案される塗料がそれぞれ異なり、余計に迷ってしまうかもしれません。

屋根や外壁の塗装は、事前にメンテナンスの時期をしっかり確認しておき、定期的に行う必要があります。信頼できる塗装業者をすでにお持ちの方はいいのですが、初めての塗り替えという場合は、業者選びにじっくり時間をかけることをおすすめします。

八王子の屋根・外壁塗装はT.A.Pにお任せください

T.A.Pは、八王子市とその近隣で、完全自社施工にて屋根や外壁などの塗装を行っている、地元密着型の塗装業者です。24時間、年中無休でお客様対応を行っておりますので、近隣にて外壁塗装をお考えの方は、ぜひご連絡ください。