内装工事を検討するパターンとしては大きく分けて3パターンあります。
・もっとおしゃれにしてお客様をより集客したい
・経年劣化による影響から修繕と一緒にリノベーションもしたい
・新規店舗オープンに向けてコンセプトに沿った内装にしたい

内装工事をする目的は違えど、やはり今よりかっこよく!オシャレに!したいといった意見をお持ちの方は多いと思います。

そんなデザイン性を重視しすぎると費用とのバランスがとれなくなる場合もありますし、価格を抑えたいが故にお客様が来ない。。
などのケースもあるので内装工事を行うにあたっては、適正価格と集客力のあるデザイン性のバランスが大切です。

本記事では内装工事の費用と種類について紹介します。

内装工事をする前に!2種類ある物件種類で工事出来ることが変わる

新規店のオープンで内装をフル工事・リノベーションする場合は基本高単価になりますが、物件の種類によって内装工事の方法が変わります。
まずは、内装工事に係る物件の種類について公開します。

居抜き物件とは

居抜き物件は、什器や設備など以前のテナントのものが残された物件です。
基本的にはお店を借りたら原状回復させなくてはいけないのですが、調理器具や冷蔵庫などまだまだ使える際に、撤去せずそのままの状態で次に貸し出されているケースになります。

居抜き物件のメリット

居抜き物件は基本的に初期投資を減らして居酒屋をオープンすることができるのが一番の強みです。
なので、内装工事も基本の形を上手く活用することができれば最小限に効率よく行うことができます。

居抜き物件のデメリット

居抜き物件は、初期投資の費用を抑えて開店までスムーズにすることができますが、こだわりのある内装、自由度の高い内装デザインの工事は難しくなります。
時間も費用もかければ施工事態は不可能ではないですが、せっかくの居抜き工事のいいところを相殺してしまいます。

 

スケルトン物件とは

スケルトン物件とは、居抜き物件とは違い調理器具・冷蔵庫などは無く、その他床や天井もむき出し状態の物件のことを指します。なので、スケルトン状態の物件を借りた場合、返す時もスケルトン状態に戻す必要があります。

 

スケルトン物件のメリット

「店舗の内装を1からこだわりたい!」「雰囲気をガラッと変えたい!」などと言った拘りがある際にスケルトン物件はメリットが大きいです。
そして居酒屋は店内の雰囲気などは売り上げに大きく影響します。店内をこだわることの重要性を知っている人であれば予算を惜しまずフル内装工事をおすすめします。

 

スケルトン物件のデメリット

デメリットは、高額の内容工事費用がかかることです。
居抜き物件と違いゼロの状態から店内を作り上げるため高額な費用が必要です。そして施工期間も要するため開店までの時間もかかります。
開店までの期間を逆算し、イレギュラーが起こることも計算した上で工事を依頼する必要があります。

 

オシャレな居酒屋の内装の特徴

店内のおしゃれなデザインは様々な工夫で演出されています。
お酒を楽しみながら空間も楽しめるオシャレな居酒屋の特徴を解説します。

間接照明で暗すぎず明るすぎない空間

オシャレな居酒屋の特徴は間接照明などをうまく活用し、特別な雰囲気を演出しています。直接ライトをあてるのではなく、空間にライトを当てることでオシャレな内装を作り出せます。
また、ライトの当て方が計算されていないと部分的に暗すぎる空間も出来てしまうため注意しましょう。

家具やインテリアにこだわりオシャレな空間を作る

店内に置いてある椅子やテーブルをコンセプトに合わせたモノでそろえることも重要です。

とてもセンスが問われる部分になりますが、インテリアの色や形が変わるだけで雰囲気はガラッと変わります。また、サイズ感も重要で店内の空間を狭いと思わせないモノをチョイスしましょう。

塗装で店内をオリジナルな壁にする

店内の壁の色はもちろん、材質などをコンセプトに合わせた壁にすることで、よくある居酒屋からオリジナルな居酒屋へと大変身します。

老舗感満載の居酒屋の内装の特徴

大衆居酒屋の様な昔ながらの店内雰囲気も、居酒屋としては重宝される雰囲気です。
老舗感のある居酒屋にも、その様な雰囲気になる理由があります。

和のテイストを店内に組み込む

日本の建造物は他の国では感じられない独特な空間を作り出します。
そして昔ながらの老舗の居酒屋は基本「和」を感じることができる外観内装になっております。

そして和のテイストを統一するために、色は単調なモノを使用し、畳なども活用し、椅子やテーブルも最新のものと言うより時代を感じられる家具を検討するといいでしょう。

内装の壁の材質・色をこだわる

左官屋が施工する壁は土や砂などを色々な材料を混ぜ合わせたものを塗って仕上げるため、
壁紙と違う重厚感ある壁を演出できます。

また、塗料も様々なカラーや材質がありますので、和の雰囲気に合わせたモノもたくさんありますし、壁紙も色やデザインは豊富な種類が存在します。

内装工事の平均相場と相場が変動する理由

結論、スケルトン物件で居酒屋の平均内装工事費用は1坪30万から50万円と言われています。
この金額は内装工事と定義付けられている項目を全て行った際の費用となります。
また、床や壁に使用する材料等によって費用は変動します。そして居抜き物件に関しては、残されている設備によって相場は大幅に変動するので、今回はスケルトン物件を対象に解説します。

内装工事の費用は坪数で単価が変わる

内装工事費用は坪単価で変わります。店内が広いとその分施工工程、材料量が増え平均単価は向上します。

インテリアにこだわると内装工事の費用は急に高額化する

次によくある単価の差はインテリアの充実度です。最近は店内の構造または、写真映えスポットなどを用意する店舗が増えています。
店内の広さよりも、その店内構造を彩り豊かにするのは費用は掛かりますが、集客効果としては大いに期待ができます。

居酒屋の内装工事でかかる費用の内訳

 八王子の居酒屋で内装工事を1から施工するとなると以下の内訳金額がかかります。

<内装工事の内訳>

☑︎ 設計管理

平均25万円~50万円程度かかります。
しかし、誰が設計をするかによって単価が大幅に変わります。

理由としては、一級建築士や有名建築デザイナーなどに依頼すると数百万単位の高額な設計費用がかかる場合があります。

 

☑︎ 内装工事

1坪平均25万円~50万円程度かかります。
また、内装工事に使用する材料などによって単価は大きく変動します。

 

☑︎ 厨房工事

30万円~300万円程度かかります。

業態によって設備が大幅に変わるので、工事費用にも幅があります。

     

八王子の居酒屋で内装工事気を付けた方がいいこと

八王子市は多摩エリアでは人口が最も多く、それに伴い駅周辺には沢山の居酒屋があると同時に、施工を依頼できる業者もたくさんいます。
依頼する際に気を付けた方がいい情報を3つ紹介します。

デザイン設計に長けている業者を探す

まず一つ目が、オーナーの理想とイメージを的確にデザインに起こしてくれるデザイン設計力のある業者に依頼しましょう。
これらは直接業者と会いヒアリングを行ったり、事例を確認することが必要です。

複数業者に見積りを依頼する。1つの業者のヒアリングで満足しない

八王子市には、工務店から内装業者・設計会社など、内装工事を施工できる様々な業者が素材します。各業者にはメリットもデメリットもありますので、2社以上の業者に見積り依頼&打ち合わせを行ってから施工を依頼する業者を選びましょう。

価格だけで決めない

低単価=優良業者とは限りません。大切なのは、コンセプトにあった内装を親身にヒアリングし具現化してくる業者を選ぶことです。
そして納期をしっかり守り対応してくれる業者であることも重要です。

また、ノウハウのある業者は今のトレンドなどの情報も組み合わせ、ユーザーが好きになる内装をモットーに集客が向上できる内装工事の提案してくれます。

まとめ

内装工事を依頼するにあたり、とにかく業者選びは重要です。

代り映えしない店舗を作るのは簡単ですが、こだわりのあるオリジナル店舗を作り上げるのは
ヒアリングと技術力の両方が必要です。

どんなに細かくヒアリングができたとしても技術力がなければ具現化できませんし、
どんなに技術力があってもこちらの要望を的確にヒアリングしてくれない業者は理想の店舗を作ることはできません。

一社の業者に問い合わせ・見積もりを出すのではなく、2社以上に問い合わせおすることをおすすめします。

関連キーワード
店舗デザインの関連記事
  • 八王子で居酒屋の内装工事をするなら知っておきたいこと
  • 店舗デザイン事務所の選び方!依頼から引き渡しまでの流れと費用相場
おすすめの記事